トップ > NSR250R  >  NSR メンテナンスのご案内 > 修理の順番待ちのお客様へ【対象:不動車】

修理の順番待ちのお客様へ【対象:不動車】

湘南藤沢のバイク修理・メンテナンス専門店 モトールエンジニア

修理の順番待ちでの処置について(特に不動車の場合)


燃料タンクのガソリンの使用推奨期間は約6ヶ月です。それ以上入れたままでの保管はおやめください。

1年以上が経過したガソリンは燃料タンク内部に錆、ガム質分が発生します。
特にレギュラーガソリンは劣化が早く、外気温が高い季節ほど劣化しやすいのでご注意ください。

またキャブレター内のガソリンは容量が少ないためもっと早く劣化してしまいます。


燃料タンク

 >燃料タンクを車体から取り外す
 >燃料タンク内のガソリン(できれば少量の時に)に2ストオイルを混合して、タンクを回転させタンク内壁に油膜を作ります。
 >燃料コックを外してガソリンを完全に抜き、目視で確認してください。(ガソリンコック「RES」で抜く方法ではガソリンが残りやすいのでご注意ください)
※既に錆が発生し、錆取りをお考えの場合は何もせずご相談ください。

キャブレター

 >ドレンスクリューを緩めガソリンを抜く(キックペダルあたりから左右のドレンスクリューにアクセス可)


【注意】ガソリンは危険物です。揮発性が高く火災の恐れがあります。取り扱いには充分ご注意ください。

処理にお困りの時はご相談ください。


NSR250R 整備・メンテナンスの専門店 MOTOR ENGINEER(モトールエンジニア)/湘南・神奈川県藤沢市