トップ > メンテナンス実例  >  一般修理 > フロントフォークオーバーホール

フロントフォークオーバーホール

ユーザー名 藤沢市 S様
車輌 HONDA CBR250RR
作業内容 FフォークO/H

 

Fフォークオーバーホール

DSC09170-1.jpg

フロントアップスタンドで車体を固定し、フォークを外します。

 

完全分解します。これから洗浄作業にかかります。(作業工程の中で洗浄時間が一番長くかかります)

DSC09169.jpg

 

 

インナーチューブの曲がり測定は必ず行います。
曲がりのある場合は修正、又は交換となります。今回はOK!

DSC09171.jpg

 

 

洗浄を2回繰り返し、組込み前の下準備。
インナーチューブの磨き、各パーツの脱脂、新品組込み部品の準備。
脱脂洗浄にはWAKO'S SUPERJUMBO を使用。

DSC09172.jpg 

 

フォークオイル量はSTDデータ通りの組込み。
使用するグリスはSHOWAサスペンション専用グリスを使用します。
>>完成。

 



バイク修理・メンテナンスの専門店 MOTOR ENGINEER(モトールエンジニア)/湘南・神奈川県藤沢市